公立高校入試の歴史並び替え問題

年代の数字を覚えることは重要ではありません。できごとの内容と前後の関係を理解しましょう

歴史並び替え問題第57問(2011年富山県公立高校入試)

問題

昭和から平成にかけてのできごとについて、次のア~エを年代の古い順に並べて答えなさい。

 

ア バブル経済が崩壊し、景気が後退した。

イ 中東での戦争をきっかけに石油危機がおこった。

ウ 経済の民主化がすすめられ、財閥が解体された。

エ 白黒テレビや電気洗濯機が売り出され「三種の神器」として人気を呼んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解

ウ→エ→イ→ア

解説

第二次世界大戦の日本を占領した連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)は財閥が軍国主義を支えたと判断し、財閥解体が行われ大企業の分割や株式の売却が行われました。

1950年代後半の高度経済成長期には、白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫が「三種の神器」と呼ばれ人気を集めました。当時は「三種の神器」をはじめ「神武景気」や「神武以来の天才」など日本書紀古事記から引用された言葉が好まれて使われました。

1973年(昭和48年)の第四次中東戦争により原油価格は暴騰し、中東からの石油に依存していた日本は経済的に打撃を受け、高度経済成長は終わりを迎えました。

1980年代後半から90年代初めにかけて、実体経済以上に株価や地価が値上がりし、バブル経気と呼ばれる好景気を迎えました。しかし、バブル崩壊後はデフレ不況が長く続くことになり、世界経済に占める日本の割合は低下しました。 

全問題の年表まとめ